電磁波過敏症と、電磁波による人体への影響の有無

電磁波過敏症と、電磁波による人体への影響の有無

電磁波過敏症とは、灼熱感やチクチク感などの皮膚症状のほか、倦怠感や疲労感、吐き気などの自律神経系症状が出ると同時に、症状の原因が電磁波に由来するものだと主張する場合に該当します。しかし、実験結果によって実際には電磁波と症状には関連性が無いことが判明しています。主な要因は、日常生活におけるストレスや、電磁界環境に対する過剰な反応が関係しているとされています。

一般的に人体に健康被害を及ぼすとされる電磁界の強度は、100KHz以下の低い周波数の電磁界で、かつ電流密度が1平方メートルにつき10mA以上の場合であり、通常の日常生活においては遭遇するような環境は無いとされています。

例えば送電線の直下においても特に問題の無い値となっています。